ABOUT THE MOVIE

オスカー受賞
ジョーダン・ピール監督の最新作
全米映画ランキング、初登場NO.1

全世界で話題騒然、全ての予想を覆す
ジョーダン・ピールからの挑戦状!
“サスペンス・スリラー”の新時代を切り開く、前代未聞の映画『NOPE/ノープ』

人種差別という根深い問題を斬新な視点からとらえ、アカデミー賞4部門にノミネートされた『ゲット・アウト』。意外性に富んだ展開と壮絶なバイオレンスを織り込み、格差社会のデフォルメを見せつけた『アス』。スリラーというジャンルに社会性を巧みに結びつけたこれらの意欲作の大ヒットにより、ジョーダン・ピール監督はハリウッドのイノベーターとして、今もっとも注目される存在となった。そんな彼の3年ぶりとなる待望の新作『NOPE/ノープ』が、いよいよベールを脱ぐ。

舞台は南カリフォルニア、ロサンゼルス近郊にある牧場。亡き父から、この牧場を受け継いだOJは、半年前の父の事故死をいまだに信じられずにいた。形式上は、飛行機の部品の落下による衝突死とされている。しかし、そんな“最悪の奇跡”が起こり得るのだろうか? 何より、OJはこの事故の際に一瞬目にした飛行物体を忘れられずにいた。牧場の共同経営者である妹エメラルドはこの飛行物体を撮影して、“バズり動画”を世に放つことを思いつく。やがて起こる怪奇現象の連続。それらは真の“最悪の奇跡”の到来の序章に過ぎなかった……。

本作にはピールのヴィジョンを具現化するため、当代を代表する旬の俳優たちが集められた。主人公OJには、アカデミー主演男優賞にノミネートされた『ゲット・アウト』に続いてピールとタッグを組むダニエル・カルーヤ。不穏な事件の連続によって生じた心の闇を表現しつつ、真相究明にあたる能動的な姿を説得力十分に演じ切った。また、シンガーとして活躍する一方で、『ハスラーズ』などで女優としても高く評価されているキキ・パーマーが、自由奔放で感情的なエメラルド役にふんし、バイタリティにあふれた個性を発揮。さらに、『ミナリ』でアカデミー主演男優賞にノミネートされたスティーヴン・ユァンが、トラウマ的な過去を持つテーマパーク経営者にふんし、物語のミステリー性を加速させる。

スタッフも腕利きが顔をそろえたが、とりわけ注目したいのは『TENET テネット』などクリストファー・ノーラン監督作品のカメラマンとして知られ、『ダンケルク』ではアカデミー撮影賞にノミネートされた撮影監督ホイテ・ヴァン・ホイテマの手腕。南カリフォルニアの雄大な自然の描写はもちろん、夜中の場面が多い本作で、ピール監督が追い求めた奥行きのある夜景をカメラに収め、CGIだけではビジュアル化できない世界を作り出した。闇の深いドラマに、これほどふさわしい映像はないだろう。

現代の闇の果てにピールは、何を見出したのか? 映画史上かつてない“最悪の奇跡”を見逃すな!